プレミアリーグプレミアリーグ

20/01/24リバプールが14連勝、南野拓実がプレミアリーグデビュー! クロップは「スーパー」

23日(木)のイングランド・プレミアリーグ第24節で、首位リバプールは敵地でウォルバーハンプトンに2-1と勝利した。14連勝を達成し、2位マンチェスター・Cとの勝ち点差16を保っている。また、南野拓実が途中出場し、プレミアリーグデビューを飾った。

リバプールは前半8分にCKジョーダン・ヘンダーソンのゴールで先制。33分にはサディオ・マネが負傷で交代を余儀なくされる。代わってピッチに入ったのは、今冬加入した南野だった。

後半51分、カウンターからラウール・ヒメネスに同点弾を許したリバプールだが、終盤の84分に再度勝ち越す。ヘンダーソンのアシストから、ペナルティーエリアのロベルト・フィルミーノがネットを揺らした。

無敗記録を40試合に伸ばしたリバプール。クラブ公式サイトによると、ユルゲン・クロップ監督は「非常に厳しい試合になると分かっていた。本当にうれしい」と喜んだ。また、南野について、指揮官は「スーパーだった」と話している。

「サディオが交代していつもと少し違うプレーになった。4-4-2で守ってから普段のシステムで攻撃しなければいけなかった。南野が一緒に練習するようになって2、3週間。練習では異なるポジションもプレーし、FAカップでは中央でプレーし、今は右でも左でもやっている」

「彼にとっては本当に難しかった。ハーフタイムにはふくらはぎの治療も必要だった。なんでもないことを願っている。続けられたから、大丈夫なはずだ。初めてのプレミアリーグでの試合だったが、とても素晴らしかった。完全にチームに溶け込んだし、本当に良いことだ」

 

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.