日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

20/01/15[福岡]陣容一新。“長谷部イズム”を取り入れJ1昇格へ

 昨季、J1昇格を目標に掲げながら何とかJ2残留を果たした福岡が、1月9日に福岡市内で新体制発表会見を行い、川森敬史社長は「勝ちと感動にこだわる」というスローガンと「アビスパスタイルの確立」という指針を昨季から継続した上でチームを刷新、「J1自動昇格」という目標達成を目指すと話した。

 チームは新体制と呼ぶにふさわしい変化を見せた。指揮官には2年にわたり水戸を率いてJ2上位争いに絡んだ長谷部茂利新監督を招へい、GKコーチ以外のコーチングスタッフも一新し、さらに13人の新戦力を加えて選手の顔ぶれも大きく変わった。

 補強に関しては、こちらも新たに就任した柳田伸明強化部長が「J1、J2で実績のある選手、伸びシロのある選手を獲得することができた」と胸を張ったように、期待のできる陣容に。これまでの南米系から欧州系へと移行した外国籍選手は大宮から移籍のFWフアンマ・デルガドに広島から加入のDFサロモンソンら計算できる選手を獲得。またMF前寛之、MF福満隆貴、GK村上昌謙ら元水戸の選手は長谷部イズムの伝達者として重要な役割を果たしそうだ。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.