リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

20/01/13R・マドリー、PK戦でダービーを制しスーペルコパ通算11回目の優勝 ジダン「チームの勝利」

12日(日)に行われたスペイン・スーペルコパ決勝は、R・マドリーがPK戦の末にA・マドリーを下し、通算11回目の優勝を飾った。

スコアレスのまま延長戦に突入した試合は、115分にA・マドリーのアルバロ・モラタが決定機を迎えかけたが、後方からのタックルでフェデリコ・バルベルデが阻止する。

バルベルデは一発退場となったが、ピンチをしのいだR・マドリーは、PK戦でタイトルを引き寄せた。A・マドリーが1人目のサウール・ニゲス、2人目のトーマス・パーテイと立て続けに失敗。R・マドリーはs4人目のセルヒオ・ラモスが決めてタイトルを手にした。

クラブ公式サイトによると、R・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は「このトロフィーを獲得するためにサウジアラビアに来た。厳しい1週間だったよ。素晴らしいファイナルだった。彼らも非常に良いプレーだったね」と喜んだ。

「最後の笛までハードファイトした。本当にチームの勝利だ。2試合とも大変だったけど、この決勝はより難しかったね。素晴らしい相手に苦しんだ。ファンタスティックな2チームが素晴らしい試合をしたよ。それぞれチャンスがあったが、これがサッカーだ」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.