プレミアリーグプレミアリーグ

20/01/11BBCが報道 「南野拓実の加入でリバプールの日本での人気はR・マドリーやバルサ並みに」

リバプール(イングランド)でデビューを飾った南野拓実。英『BBC』は10日(金)、その南野の存在が日本におけるリバプール人気を爆発させると報じた。

リバプール・サポーターズクラブ日本支部代表の田丸由美子氏は、「ここ日本でのリバプール人気に火をつけるのは確か」と話している。

「ここ日本で最も人気がある欧州のサッカークラブは、R・マドリーとバルセロナ(スペイン)だった。でも私は、南野がリバプールで活躍すれば、スペインの強豪たちのように人気になると思う」

「リバプールの試合チケットはどうすれば手に入るのか、すでに多くのサッカーファンから問い合わせが来ている。1月からはアンフィールドで日本人ファンが増えるはず」

また、田丸氏は「純粋なサッカー面での理由からの獲得だったと思う」とも述べた。

「ユルゲン・クロップはシステムに完璧にフィットすると思わなければ選手を獲得しない監督。その選手が彼の哲学を理解していると確信するまでは、すぐに補強した選手を使ったりしない。南野が先発したら、彼はフィットする。そしてほかの日本人選手たちにも大きなインパクトを与えるでしょう」

プレミアリーグのクラブにとってアジアが「最大の国際市場」だというリバプール大学のキーラン・マグワイア氏は「日本のファンとメディアはプレミアリーグが好きで、日本の選手がプレミアのクラブと契約すると、常に関心が生まれる。数年前の香川真司のように」と述べた。

「南野の加入はグッズ販売や新たなスポンサー契約につながる。アジアのファンやスポンサーは、常に成功するクラブとの連携を望む。直近のUEFAチャンピオンズリーグやクラブワールドカップでの成功は、より好条件のスポンサー契約を得るのに使えるかもしれない」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.