メキシコ・その他

20/01/08[高校サッカー 四日市中央工 森 夢真]極上の得点力。最後の最後に開花した眠れる才能

 圧巻のドリブルとゴール前での勝負強さは天賦の才だ。四日市中央工MF森夢真のプレーを目の当たりにすれば、虜になる人は少なくない。伊室陽介監督もその一人。今年はコーチから昇格した大事な年だったが、「夢真と心中する」とまで言い切ってこの1年に挑んだ。

 だが、輝きを放てないまま終わった昨年度の選手権同様、メンタルの弱さが仇となり、今年も活躍できた試合はごくわずか。自らが志願してキャプテンを務めながら春以降は不調に陥り、高校総体も彼の不振を引きずる形でチームは初戦敗退。スカウトが能力を高く買う松本山雅の練習に2度も参加したが、低調な出来に終わり、内定はもらえなかった。

 迎えた選手権はプロ入りをつかむラストチャンスだった。「オファーがなければサッカーを辞める」。そう覚悟を決めて挑んでいたかいもあり、1回戦での2ゴールを皮切りに3試合連続ゴール。惜しくも準々決勝で敗れ「相手が分析してくる中でも自分の特徴を出せないと上にはいけない。個で打開できなかったので今日の負けの原因は自分にあると思う」と悔やんだが、奪った5ゴールは現時点で得点ランキングの首位に立つ数字。アピールに成功した大会になったことは間違いない。

「人間的にもプレー面でも成長できたと思う」と話す彼には、獲得の意向を示すJクラブがあるため、輝きを再び目にする日がくるはずだ。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.