メキシコ・その他

20/01/08[高校サッカー 徳島市立 川人 太陽]徳市史上初のベスト8に導いた真の立役者

 徳島市立が高校総体と選手権で積み上げたPK戦での勝利は4つ。GK中川真が前後半を無失点で終え、“PK職人”GK米田世波が活躍する勝利の方程式に目がいきがちだが、夏冬ともに全国ベスト8進出を果たせたのは、地味ながらも効いていたボランチの川人太陽抜きでは語れない。河野博幸監督も「今年は川人と阿部(夏己)のチーム」と評するとおり、攻守両面での存在感が光った。

 183cmのサイズが目を引くが、武器は技術の高さを生かした展開力。「デカい・速い」といった身体能力の高い選手が多いチームが持ち味を出せるのは彼がいるからだ。もともとはパスを出して終わりの司令塔だったが、高校3年間で大きく意識が変化。「監督から『セカンドボールを絶対に拾え』と言われている。徳島市立のシステムでは自分はいろいろなところに顔を出さないといけないのでかなりキツいけど、全部拾うつもりでいる」との意気込みをプレーで示し続けた。

 一方で、1回戦で流経大柏に惜敗した昨年度の選手権から全国大会では守備に追われたことにもどかしさを感じていたが、今大会の3回戦では自らが起点となりチャンスを作り、チームとしてゴールも奪えた。「この1年はデカかった。緊張だけじゃなく楽しめる部分はあったし、落ち着いてプレーもできた」。そう言って笑みを浮かべたとおり、選手権の大舞台で示した成長の跡は彼の大きな自信となり、卒業後の大学サッカーでも生かされるだろう。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.