メキシコ・その他

20/01/08[高校サッカー 昌平 須藤 直輝]No.10たるゆえん。王者をも追い詰めた2年生ドリブラー

 今大会で輝いた背番号10の一人だ。1年次からこの番号を背負う男は、今年はゲームキャプテンとしてチームの先頭に立った。初戦となった2回戦の興國戦では同じ2年生で10番を背負う樺山諒乃介に「今日は直輝のほうがすごかった。10番としての存在感がすごかった」と言わしめるほど、チームの中心として躍動。3回戦の國學院久我山戦でもテクニカルかつ体の使い方が絶妙なドリブルで局面を打破した。

 何より、チーム史上初となった準々決勝では王者・青森山田を相手に、一切臆することなく積極的な仕掛けを見せた。「普通にやっていたら絶対に勝てないので、強引に仕掛けることを意識して、相手が引いてからサイドを使って崩していくことを考えた」と、相手の出方、対応を見ながら頭と体をフル稼働させ、チャンスを作った。チームは青森山田の力強さに押し切られ前半だけで3失点するなど重い空気が流れたが、「やれるという手ごたえはあった」と下を向くことなく、冷静さと気迫を両方持ち合わせて、ゴールを狙い続けた。49分、スルーパスに反応し抜け出すと、GKの状態を見て冷静に流し込んだ。反撃の狼煙を挙げるゴールにチームは鼓舞され、1点差にまで迫った。結果として2-3で敗れたが、3戦を通じてエースたるゆえんを見せつけた。

「昌平のサッカーを楽しいと思ってくれるのはうれしいので、来年はもっといいサッカーをして結果を出したい」。

 よりすごみを増したエースになるべく、須藤は最後の1年を迎える。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.