メキシコ・その他

20/01/08[高校サッカー 矢板中央]低かった前評判。自分たちが勝負できる部分を強化

 谷間の世代――。そう言われてきたチームが最後の大舞台で躍進している。「去年は個性の強い選手がそろっていたが、今年のチームへの評価は厳しかった」と話すのは高橋健二監督。プリンスリーグ関東は最下位に終わり、県予選も接戦の連続だった。県予選から本大会の2回戦まで含めて計6試合、無失点の試合がなく、高橋監督も「長く指導しているが、こんなことは初めて」という状況が続いていた。

 そうした声は選手たちの耳にも入っていただろう。悔しさがある中で、彼らは歯を食いしばって自分たちが勝負できる部分を強化してきた。堅守速攻。全員がハードワークする守備とシンプルな攻撃が矢板中央のスタイルだ。ボランチの靏見拳士朗は「前線がプレッシャーをかけ続けてくれるので、中盤や最終ラインを押し上げて高い位置から守備ができる」と話す。過密日程で後半に足が鈍るときは[4-4-2]のブロックで自陣を強固に守るという割り切りができるのも、トーナメントを勝ち抜く要因となっている。また、攻撃では左合修土が3戦連続得点と好調で、2回戦は靏見、3回戦は西村碧海が1得点、準々決勝では2年生の多田圭佑が2得点と、日替わりでヒーローが生まれる好循環が発生している。

 高校入学時で飛びぬけたタレントはおらず、前回大会を経験している3年生もいないが、「サッカーが好きで、ひたむきに取り組んできた」(高橋監督)選手たちは大会を通じて成長を続けている。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.