セリエAセリエA

20/01/01ポグバ代理人「今の彼の心はマンチェスター・U」 

マンチェスター・U(イングランド)のポール・ポグバは、クラブを常にリスペクトし、その心はマンチェスター・Uにあるという。代理人のミーノ・ライオラが12月31日(火)、英『スカイ・スポーツ』で明かした。

昨年、「新しい挑戦」を望んでいると話し、R・マドリー(スペイン)や古巣ユベントス(イタリア)などへの移籍が絶えず取りざたされるポグバ。1月の去就を巡る報道も話題となり続けるが、オーレ・グンナー・スールシャール監督は冬の退団を否定している。

ライオラ代理人は『スカイ・スポーツ』で「(スールシャール監督が残留というなら)OKだ。我々はそれで良い」と述べた。

「ポールが少し苦しんでいるのは、ケガのためだ。今の我々の関心はそこにある。マンチェスター・Uでできるだけ良いパフォーマンスをすることだけがポールの目標だ。彼はトップクラスのプロであり、彼の心はマンチェスター・Uと正しい場所にあると思う」

一方で、年単位でポグバは残留するか問われると、ライオラ代理人は「可能だ。だが、リーグやできればUEFAチャンピオンズリーグを競うようなクラブであってほしい」と答えている。

「不思議なことかな?それを心配するのは自分だけかね。オーナーは違うのかな?マンチェスター・Uを愛する人はみんな、それを心配していると思う」

「私はマンチェスター・Uのファンではないが、非常に直接的な利益が関わる。私は自分の選手のことを心配しているんだ。マンチェスター・Uにいる限り、彼はマンチェスター・Uでのトロフィー獲得を望む」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.