プレミアリーグプレミアリーグ

19/12/22リバプール、フィルミーノ決勝弾でクラブW杯初優勝 クロップ喜び

21日(土)のクラブ・ワールドカップ(W杯)決勝で、リバプール(イングランド)がフラメンゴ(ブラジル)を延長戦の末に1-0で下し、初優勝を飾った。

スコアレスで90分を終えたリバプールは、99分に均衡を破る。ジョーダン・ヘンダーソンの縦パスに反応したサディオ・マネが、前線に運んでから反転して中央に折り返す。走りこんだロベルト・フィルミーノが、相手DFとGKをかわしてシュートを叩き込み、ついに得点を挙げた。

これが決勝点となり、欧州王者リバプールは初のクラブW杯制覇。クラブ公式サイトによると、ユルゲン・クロップ監督は「本当に素晴らしい気分だ。本当に激しい試合で、みんな疲れ切っている。良い相手との信じられないほど難しい試合で、信じられないパフォーマンスだった」と喜んだ。

「今夜の我々は勝利にふさわしかったと思う。我々のほうが良かった。本当にうれしいよ」

「試合前はどんな気持ちになるか分からないと言ったが、素晴らしい気分だと言えるよ。まったくセンセーショナルだ。選手たちを誇りに思う。これ以上はあり得なかった」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.