プレミアリーグプレミアリーグ

19/12/10アーセナル、2カ月ぶりの勝ち点3 プレミア8試合、公式戦10試合ぶりに白星

9日(月)のイングランド・プレミアリーグ第16節で、アーセナルが敵地でウェストハムに3-1と勝利し、リーグ戦で8試合、公式戦で10試合ぶりとなる白星を手にした。

ウナイ・エメリ監督を解任し、フレデリク・リュングベリ暫定監督が就任してからも、2試合で1分け1敗と勝利から遠ざかっていたアーセナル。この日も前半39分、CKの流れから最後はアンジェロ・オグボンナのヘディングで先制点を許す。

だが後半、アーセナルは10分間で一気に試合をひっくり返す。60分、左からのクロスをガブリエウ・マルティネッリが右足で流し込んで同点とすると、66分にはニコラ・ペペが左足のシュートで逆転。さらに69分、ペペのクロスにピエール=エメリク・オーバメヤンが合わせてリードを広げた。

リーグ戦ではアストン・ビラを下した9月22日(日)の第6節以来となる3得点を記録し、約2カ月ぶりに勝利を手にしたアーセナルは、勝ち点22のシェフィールドに並ぶ9位に浮上。UEFAチャンピオンズリーグ出場ラインに勝ち点7差としている。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.