プレミアリーグプレミアリーグ

19/12/08マンチェスター・C、ダービー敗戦でリバプールと14差 スールシャールは「街を赤に染めた」

7日(土)のイングランド・プレミアリーグ第16節、マンチェスターダービーの一戦は、2-1でアウェイのマンチェスター・Uが勝利した。

マンチェスター・Uは前半20分、マーカス・ラッシュフォードが倒され、ビデオアシスタントレフェリーの介入でPKを獲得。これをラッシュフォードが自ら決めて先制すると、29分にはアントニー・マルシャルが加点し、2点をリードして前半を終える。

ホームのマンチェスター・Cは終盤の85分、途中出場のニコラス・オタメンディがCKから1点を返すも、反撃はここまで。今季4敗目を喫し、同日の試合で勝利した首位リバプールとの勝ち点差は14ポイントに開いた。

一方のマンチェスター・Uは2連勝で暫定5位浮上。同日の試合で敗れた4位チェルシーとの勝ち点差を5ポイントに縮めている。

クラブ公式サイトによると、マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督は「我々はファンタスティックだった。序盤は見事だったよ」とコメント。「選手たちを思うとうれしい。彼らはふさわしい。メンタリティーが強い」と、チームに賛辞を寄せた。

「我々は街を赤に染めた。今夜は楽しまないとね。わたしも今夜は赤ワインを2杯もらうよ」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.