日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/11/29[大宮]2年連続のPO。舞台は難攻不落のNACK5

 自動昇格を果たすために最終節・金沢戦は勝点3と3得点以上という二つの“3”を強く意識して挑んだが、勝点3も複数得点を奪えず1-1のドロー。結局、3位という順位でリーグ戦の幕がおろされた。ただ、下を向いている暇はない。このJ1参入プレーオフを勝ち進むことができれば昇格を果たせるのだ。

「特 にネガティブになることはないと思っている。金沢戦は次につながる戦いはできた。プラス思考で1試合ずつ戦っていけば3試合目(PO決定戦)で必ずいい結果が訪れると思う。一つひとつしっかりと戦っていきたい」(笠原)

 2年連続でプレーオフを戦うのはJ2の4チーム中、大宮のみ。独特な雰囲気と引き分けでも勝ち上がれるというレギュレーションを経験している選手が多いことは強みにもなるだろう。今週の全日程は非公開練習を敢行して山形戦へ向けたトレーニングを着々と進めてきた。これまで非公開練習をした週のゲームのほとんどでハイパフォーマンスを披露してきただけに、どのようなプレーや対策をピッチで表現してくれるのか期待が膨らむ。

 さらにNACK5スタジアムでゲームができるのは、最高の条件だ。今季は第2節・琉球戦しか敗戦を喫していない難攻不落の要塞であり、オレンジを身に纏ったサポーターの声援の後押しを受けながら、幾度となく勝利を手にしてきた。それは、この舞台でも大きなエネルギーとなるはず。

 最高の雰囲気の中で選手たちは「自動昇格を成し遂げられなかった悔しさは口だけではなくて、(結果で)示す必要がある」(三門)。どん欲に勝利をつかみにいく姿勢で2回戦へと駒を進めたい。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.