プレミアリーグプレミアリーグ

19/11/22トッテナムのモウリーニョ新監督 「勝てないと幸せではない」「1月補強は不要」「来季は優勝可能」

インターナショナルウィークが終わり、各国リーグ戦が再開する。イングランド・プレミアリーグで注目されるのは、トッテナムの新指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督だ。

解任されたマウリシオ・ポチェッティーノ前監督の後を継いだモウリーニョ監督は、23日(土)のウェストハム戦で初陣を迎える。22日(金)の会見で、モウリーニョ監督は意気込みを表した。英『BBC』が会見でのコメントを伝えている。

「自分がミスをしてきたことは分かっている。同じミスは繰り返さない。新たなミスはするだろうが、同じミスはしない」

「私は謙虚で、自分のキャリアを分析できる。昨年のことだけではない。(マンチェスター・Uで解任されてからの)期間は非常にポジティブだった。初めて夏に仕事をせず、プレシーズンの間は少し喪失感があったよ」

「私は勝てないと幸せではない。それは変えられない。DNAだ。選手たちにも影響を及ぼせることを願う。負けて幸せなら勝者になることは難しいからだ」

「私に新たな選手は必要じゃない。今のチームで満足だ。必要なのは彼らともっと時間を過ごすことだけだよ。対戦したから彼らのことをよく知っているが、十分ではない」

「今季の我々はプレミアリーグで優勝できない。だが、来季はできる。優勝する、というのではない。優勝することもできる、だ」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.