ブンデスリーガブンデスリーガ

19/11/09ヴェンゲル、バイエルンとの接触明かす 来週交渉へ

バイエルン(ドイツ)が来週、アーセン・ヴェンゲルと面談することになった。8日(金)、ヴェンゲルが『beIN SPORTS』で明かしている。英『BBC』が伝えた。

バイエルンは3日(日)にニコ・コバチ前監督が退任。現在はハンジ・フリックが暫定的に指揮を執っており、正式監督の人事に注目が集まっている。

ドイツ『ビルト』は前日、バイエルンがヴェンゲルからの連絡を認めたうえで、監督就任の可能性はないと否定したと報じた。

だが、ヴェンゲルは「来週話すことに決めた。日曜までわたしがドーハにいるからだ。これが本当の話だよ」と、バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOと交渉することを明かしている。

「6日(水)の午後にルンメニゲから連絡があり、わたしは電話に出られなかった。マナーとしてかけ返し、試合のスタジアムに向かう途中の車内にいた彼と話した。せいぜい4、5分だ」

「彼らは監督を探しており、わたしに興味があるかを尋ねてきた。わたしは、まったく考えていなかった、考える時間が少し必要と答えた」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.