セリエAセリエA

19/11/07監督退任のバイエルン、4連勝でCLベスト16入り ユーベやPSGも決勝トーナメント進出

バイエルン(ドイツ)が6日(水)、UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節でオリンピアコス(ギリシャ)に2-0と勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。

3日(日)にニコ・コバチ前監督が退任し、ハンジ・フリックが暫定的に指揮を執るバイエルンは、後半の69分にロベルト・レバンドフスキが先制点。終了間際にイバン・ペリシッチが追加点を奪って4連勝を飾った。

バイエルンは2節を残してベスト16進出が決定。グループBはこの日勝利したトッテナム(イングランド)が勝ち点7で2位につけている。

UEFA公式サイトによると、フリックは「パフォーマンスにとても満足している。チームにとって簡単な状況ではなかった。練習でやってきたことを出せたよ」とコメント。「大事な勝利だった」と喜んだ。

なお、グループDのユベントス(イタリア)も、ロコモティフ・モスクワ(ロシア)に2-1と勝利し、勝ち点を10として決勝トーナメント進出を決めた。

グループAのパリ・サンジェルマン(フランス)も、クラブ・ブルージュ(ベルギー)に1-0と勝利。10得点無失点の4連勝でグループステージを突破している。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.