プレミアリーグプレミアリーグ

19/11/01アーセナル、ファンと対立のジャカが声明 「怒りが我慢の限界に」

アーセナル(イングランド)の主将グラニト・ジャカが10月31日(木)、先日の試合でサポーターに反発する態度を見せたことに言及した。

ジャカは27日(日)のプレミアリーグ前節クリスタル・パレス戦で、後半に途中交代を命じられると、一部観客からブーイングが浴びせられたのを受け、キャプテンマークを投げつけ、ファンを煽るようなジェスチャーでピッチの外へ。ユニフォームを脱ぎ、そのままベンチに座らず退場した。

キャプテンという立場でありながら、サポーターと対立する行動に、OBやファンからは謝罪や腕章はく奪を求める声も上がり、ウナイ・エメリ監督がジャカに謝罪を促す事態となっていた。

これを受け、ジャカはインスタグラムで「交代を巡って起きたシーンは、強く自分の心を動かした。自分はこのクラブを愛し、つねにピッチ内外で100%を出している」と「説明」している。

「ファンから理解されず、この数週間、数カ月にわたり、試合やSNSで中傷コメントを繰り返されたことに、自分は深く傷ついた。『脚を折ってやる』『妻を殺す』『娘ががんになればいい』などと言われた。それに刺激され、(パレス戦で)スタジアムで拒否されて、怒りが我慢の限界に達した」

「我を忘れ、ポジティブなエネルギーでクラブやチームを支えるファンの人たちに敬意を欠くかたちでリアクションしてしまった。それは自分が意図したことではなく、みなさんがそう考えたのであれば、申し訳ない」

「お互いをリスペクトし、このスポーツが大好きになった理由を思い出すところに戻るのが自分の希望だ。一緒に、ポジティブに、前進しよう」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.