リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

19/10/16スペイン、ATの劇的同点弾 2試合連続ドローもEURO予選突破

15日(火)に行われたEURO2020予選で、グループFのスペインが敵地でスウェーデンと1-1で引き分け、本大会出場を決めた。

後半50分に先制を許し、さらに守護神ダビド・デ・ヘアが負傷交代を余儀なくされたスペインだが、終了間際にファビアン・ルイスのシュートから、最後はロドリゴが押し込んで同点。前節はアディショナルタイムに被弾して勝利を逃したが、今節は土壇場で勝ち点1をもぎ取ったかたちだ。

この結果、スペインは勝ち点20とし、2位スウェーデンとの5差を保った。3位ルーマニアも引き分けたため、6差は変わらず。残り2試合で直接対決を残すスウェーデンとルーマニアの双方がスペインを上回ることは不可能となり、スペインの予選突破が決まった。

UEFA公式サイトによると、殊勲のロドリゴは「予選突破はすごくうれしい。特に前半はもっと良い結果に値したと思うけど、厳しい試合だった。目標は達成できたね」と喜んだ。

また、ロベルト・モレノ監督は「EUROを戦えるなんて、夢がかなうよ。今からそれに向けて取り組んでいく」と喜んだうえで、「我々はすべての試合で勝てなければ、本来のレベルじゃないと言われ始める。それは当然であり、我々は仕事をしなければいけない」と続けた。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.