日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/10/11[ルヴァン 川崎F]一つの油断が命取り。「勝ちを目指すだけ」

 水曜日(9日)に行われたルヴァンカップ準決勝第1戦。川崎Fとしては苦しい立ち上がりとなる。なかなか縦パスが入らないまま、ミスでボールを奪われては素早い攻撃を浴び、10分にはアウェイゴールを献上。流れとしては最悪に近いスタートだった。

 だが、ピッチで修正力を存分に発揮し、メンタル面でもブレずに戦ったことで後半には逆転に成功。さらに追加点を奪って2点のリードを得るなど、ホームで確かなアドバンテージを手にした。

 とはいえ、まだ突破が決まったわけではない。「きちんと複数得点を取って勝てたのは非常に大きい。ただ、第2戦がある。何が起こるか分からない。相手は鹿島なので最大集中で臨みたい」とは谷口の言葉。

 難敵・鹿島と相対する際には、一つの油断が命取りになる可能性がある。引き分けや1失点でも突破できると考えるのではなく、チームの考えは阿部が言うように「普通に勝ちを目指すだけ」となる。多少メンバーは入れ替わるだろうが、チームの力を示すことで決勝への切符を勝ち取りたい。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.