日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/10/09[横浜FC 1-0 柏]90+1’の劇的弾で首位撃破。横浜FC、優勝昇格に望み

 首位と3位の上位直接対決とあって今季初めてチケットが完売。HAMABLUEとレイソルイエローで鮮やかに染まった三ツ沢の一戦はしびれる展開となった。

 前半、横浜FCは思うようにボールを動かせていないように見えた。伊野波、田代、カルフィン・ヨン・ア・ピンが最終ラインで持っても前にはなかなかつながらず、ロングボールやバックパスが続く。しかし、松井の言葉を借りれば「シモさん(下平監督)の戦略どおり」。前半は田代をアンカー気味に置き、レアンドロ・ドミンゲスと松井がインサイドハーフに入るような逆三角形の形を取り、後半は松井と田代がダブルボランチを組むいつもの形に戻した。「(前半は)なかなかつなげずうまく攻められる機会はなかったけど、後半のためにやっていたと感じた」と松井。前半は後半への布石だったと振り返る。

 実際、昨季まで下平監督の下でプレーしていた柏のCB鎌田は「相手のビルドアップはシモさんらしいというか、いい形で取り切れない。カウンターに出ていけないような形が多かった」と唇を噛む。互いによさや特徴を出しながらも、決定的なチャンスが訪れないまま時間が過ぎていった。

 そんなスコアレスドローの雰囲気が漂い始めたゲームに決着がついたのは、後半アディショナルタイムだった。90+1分、レアンドロ・ドミンゲスの右CKから、ニアサイドで両チームの選手が競り合う。そのセカンドボールに対して誰よりも先に反応したのは途中出場・草野。“伏兵”のホーム初ゴールがチームに4試合ぶりの勝利をもたらした。2位・大宮との勝点差2をキープし、首位・柏との差を『8』に詰めた横浜FC。

 “優勝しての昇格”に望みをつないだ。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.