日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/10/09[東京V 1-2 岡山]後半にギア。岡山逆転でPO圏肉薄

 東京Vは指揮官が「大事なポジション」とするゼロトップをこなすレアンドロ、河野が負傷し、リ・ヨンジがその任についた。「(リ・)ヨンジは真ん中に下りてくるよりも(前に)引っ張る選手。より早く5枚が立つ前線にクサビのボールを入れるために」(永井監督)若狭を起用し、攻撃時は3バックとなる布陣を組んだ。リ・ヨンジは開始4分に岡山のミスから先制ゴールを挙げ、若狭から梶川への縦パスはチャンスの匂いを漂わせた。またCKからの失点が続く中で、二人の高さはプラスに。「セットプレーは狙い目だと聞いていた」(田中)岡山の最初のCKをはじき返したのは若狭であり、2回目を叩き落としたのはリ・ヨンジ。途中から岡山にボールを握られる時間は増えたが、東京Vにとって悪くない前半だった。

 しかし後半、一気に岡山がギアを上げる。もともと「相手陣地で取り返して点を取るのが今日の狙い」(田中)であり、その中で「状況を全員が理解して、持たせておくところ、奪いにいくところをしっかり把握してトライできた」(有馬監督)。開始から立て続けに東京Vは自陣で中盤がプレスに食われてショートカウンターを浴び、50分に仲間のゴールで追いつかれる。東京Vも59分に新井を投入してサイドを起点に押し返してチャンスを作るが、岡山は78分にピッチへ送られた福元が前線を活性化させると、分厚い二次攻撃、三次攻撃を仕掛け、最後は上田が逆転ゴールをねじ込む。岡山がJ1参入プレーオフ圏の6位と勝点57で並ぶ8位に浮上した。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.