セリエAセリエA

19/10/09不振の13位ミラン、7試合で監督解任 元インテル監督を招へいへ

ミラン(イタリア)は8日(火)、クラブの公式サイトで、マルコ・ジャンパオロ監督(52)を解任したことを発表した。

昨季までチームを率いたOBのジェンナーロ・ガットゥーゾが退任した今季のミランは、サンプドリアで評価されていたジャンパオロを招へい。だが、開幕戦でウディネーゼに0-1と敗れると、以降も流れを変えることができなかった。

7節を終えてミランは3勝4敗の勝ち点9で13位と低迷。特に得点は6ゴールとリーグワースト3位タイで、しかもそのうち3ゴールがPKによるものだ。

内容への不満や批判が高まるなか、前節ジェノア戦は2-1で辛勝したものの、首脳陣は改善が見込めないと判断。わずか7試合でジャンパオロ体制に見切りをつけた。

後任はまだ発表されていないが、前フィオレンティーナ監督で以前インテルでも指揮を執ったステーファノ・ピオーリが有力と報じられている。当初はルチアーノ・スパレッティとコンタクトを取ったが、インテルとの契約解消をめぐる条件で同監督が合意に至らず、破談したと報じられていた。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ミランとピオーリは8日夜に合意。9日(水)に就任する見込み。年俸150万ユーロ(約1億8000万円)の2年契約を結ぶとみられる。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.