日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/09/16[清水 3-2 名古屋]カウンターで粉砕。下位直接対決の主役は西澤健太

 最後まで結末の読めない試合になった。14分、左サイドの吉田のクロスをディフェンスがクリアし切れず、宮原が飛び込んで名古屋が先制する。清水は25分にファン・ソッコがロングボール奪ってカウンター。河井、竹内を経由して左サイドに展開すると、ボールを受けたのは西澤。カットインから豪快ミドルを突き刺し、試合を振り出しに戻した。

 勝負の後半は、ピンボールのような試合になった。

 54分にエウシーニョのシュートが河井に当たってサイドネットに吸い込まれるラッキーゴールで清水が逆転。

 59分にはカウンターのチャンスに金子がハーフライン付近から独走、ボックス手前で切り替えして西澤にラストパスを送る。西澤の左足から放たれたシュートはガブリエル・シャビエルの足に当たってゴール右スミに転がった。

 リードを広げられた名古屋は74分、米本のミドルシュートを長谷川がヒールでコースを変えてネットを揺らし1点差。さらにジョーをターゲットとしたパワープレーで清水ゴールに迫る。迎えた後半アディショナルタイム、ボックス内からシャビエルが強烈ボレーを放つも、GK大久保が右手一本でコースを変えて死守。下位直接対決を制した清水が名古屋を抜いて10位に浮上した。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.