プレミアリーグプレミアリーグ

19/09/16アーセナル、2点リードを守り切れずドロー 被シュート31本で主将が「恐れすぎ」

15日(日)のイングランド・プレミアリーグ第5節で、アーセナルは敵地でワトフォードと2-2で引き分けた。

前半にピエール=エメリク・オーバメヤンの2ゴールで先行したアーセナルだが、後半53分に1点を返されると、81分にはダビド・ルイスが献上したPKを決められて同点とされた。

2試合連続ドローで3試合白星がないアーセナルは、勝ち点8で7位に転落。英『BBC』によると、キャプテンのグラニト・ジャカはチームの「恐れ」に苦言を呈している。

アーセナルはワトフォードに31本のシュートを許した。そのうちの23本が後半のものだ。

ジャカは「だれもボールを欲しがらなかった。最終的には1ポイントで満足したんだ」と述べた。

「後半は自分たちのプレーができなかった。僕らはあまりに恐れすぎていた」

一方、ウナイ・エメリ監督は「若手が多いチームだ。今後の試合では学んでくれるだろう」と話している。

「我々は自分たちの仕事を続ける。改善し、この試合から何かを得ることが必要だ」

アーセナルは19日(木)にUEFAヨーロッパリーグでフランクフルト(ドイツ)と対戦。プレミアリーグ次節では22日(日)にアストン・ビラをホームに迎える。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.