リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

19/08/24レアルのMF久保がマジョルカへ期限付き移籍

 ラ・リーガのマジョルカは22日、レアル・マドリーに所属する日本代表MF久保建英を期限付き移籍で獲得することが決まったと発表した。移籍期間は今季終了までの来年6月30日まで。23日からチームの練習に参加しており、翌24日にはクラブの公式SNSを通じ、契約書にサインをかわす様子やチームメートから歓迎を受ける様子、そして背番号が26に決定し「TAKE」と記されたユニフォームを身にまとった模様などが映像とともに紹介されている。

 現在18歳の久保は、今年6月14日にFC東京からレアル・マドリーに完全移籍。直後に行われたトップチームの北米ツアーに帯同し、7月20日のインターナショナル・チャンピオンズカップ、バイエルン・ミュンヘン戦で“レアルデビュー”を飾った。その後はBチーム(実質3部)にあたるレアル・マドリー・カスティージャに籍を置きながら、トップチームの練習にも参加していた。

 移籍先のマジョルカは、かつてFW大久保嘉人(現・磐田)やMF家長昭博(現・川崎F)が所属していたことでも知られているチーム。昨季は2部に所属していたものの、5位で参戦した昇格プレーオフを勝ち上がって7シーズンぶりとなる1部昇格を果たした。17日に行われたラ・リーガ開幕戦ではエイバルに2-1の勝利を収めたマジョルカ。久保のマジョルカデビューは、早ければ25日にホームで行われる第2節・ソシエダ戦になる。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.