リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

19/08/18サプライズ先発で勝利に貢献のベイル、R・マドリー残留へ ジダンが「残る」

R・マドリー(スペイン)のジネディーヌ・ジダン監督は17日(土)、リーガエスパニョーラ開幕戦を終えてから、ガレス・ベイルが残留する見込みと明かした。

昨季途中から去就が騒がれ、プレシーズンにはジダン監督から一度は構想外を明言されたベイル。だが、高額サラリーや移籍金もネックとなり、クラブと選手が希望する移籍先が見つからず。実現間近とみられた中国移籍も最終的に破談となった。

迎えた17日のセルタとの開幕戦。新戦力エデン・アザールを負傷で欠いたジダン監督は、ベイルをスタメンに起用。すると背番号11はカリム・ベンゼマの先制点をアシストするなど結果を残す。ルカ・モドリッチの退場で10人となったR・マドリーだが、3-1と白星スタートを切った。

移籍市場は9月2日(月)にクローズする。だが、英『BBC』によると、ジダン監督は試合後に「彼は残るだろう。我々全員がそれをポジティブなことと考えなければならない」と述べている。

「アザールの負傷は不運だったが、この試合でベイルを起用するというプランに変更を及ぼすことはなかった。ガレスもほかの選手たちも、このユニフォームにふさわしい敬意を示すはずだ」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.