プレミアリーグプレミアリーグ

19/08/12マンチェスター・Uがチェルシーに4発快勝! 好発進でスールシャール「自信になる」

11日(日)のイングランド・プレミアリーグ第1節で、マンチェスター・Uがホームでチェルシーを4-0と下し、白星発進した。

オーレ・グンナー・スールシャール監督が開幕から指揮を執る新生マンチェスター・Uと、レジェンドのフランク・ランパード監督が就任したチェルシー。大きな注目を集めたビッグクラブ同士の開幕戦は、“赤い悪魔”に軍配が上がった。

マンチェスター・Uは前半18分、マーカス・ラッシュフォードが自ら獲得したPKを決めて先制。リードを手にしてハーフタイムを迎えると、後半の65分にアンソニー・マルシャル、その2分後に再びラッシュフォード、そして81分に新加入のダニエル・ジェームズと、3点を加えて快勝した。

クラブ公式サイトによると、スールシャール監督は「後半のパフォーマンスは大きな自信となる」と喜んだ。そのうえで、指揮官は「常に改善は必要だ。始まりに過ぎないことは分かっている」と、気を緩めてはいけないと述べた。

一方、ランパード監督は「最初の45分か60分は、明らかに我々のほうが良いチームだった」「厳しい現実だ」と嘆いている。

「前半は2-1や3-1でもおかしくなかった。それができれば、まったく違う試合になっていただろう。選手たちはもちろん落胆している。良かった点もたくさんあった。良くない点も4つや5つあった。それが致命的だったんだ」

「教訓とし、早く修正しなければいけない。巻き返す。もちろん、0-4で負けたくはないし、傷ついているが、0-4の内容じゃなかった。ミスを分析し、修正する以外、今後に影響させてはいけない」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.