プレミアリーグプレミアリーグ

19/08/08ルカク、ついにイタリア移籍へ インテルとマンチェスター・Uが合意

7日(水)、マンチェスター・U(イングランド)のロメル・ルカクが、インテル(イタリア)に移籍する見込みとなった。選手は同日、ミラノに向けて出発している。

ルカクの代理人を務めるフェデリコ・パストレッロが、インスタグラムで選手と飛行機に乗っている様子の写真をそえて、「出発準備。ミラノに向けて」と投稿した。

先日、パウロ・ディバラとのトレードでユベントス(イタリア)への移籍が取りざたされたルカク。だが、ディバラとマンチェスター・Uの条件交渉がまとまらずに破談していた。

移籍を望むルカクは、5日(月)と6日(火)に古巣アンデルレヒト(ベルギー)のユースで練習。マンチェスター・Uに戻らずに強硬手段に出ていた。

アントニオ・コンテ監督がチェルシー(イングランド)時代からルカクを評価するインテルは、マンチェスター・Uと合意に至っていなかったが、プレミアリーグの移籍市場が閉まる前日に交渉をまとめることができたようだ。

移籍金については、英『スカイ・スポーツ』が6500万ポンド(約83億8000万円)に1200万ポンド(約15億5000万円)のボーナスと報道。『ガーディアン』はボーナス込みで7000万ポンド(約90億2000万円)と報じた。

一方、イタリア『スカイ・スポーツ』や『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、6500万ユーロ(約77億3000万円)に最大1000万ユーロ(約11億9000万円)のボーナスと伝えている。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.