日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/08/07[長崎 1-3 岐阜]袋小路の長崎。必然のブーイング

 開始早々に澤田のクロスを呉屋が頭で流し込み、長崎が先制。先制すれば、高い勝率を誇る長崎だけに理想的な試合の入りだった。しかし、「あのままの勢いでこなくなった」と馬場が感じたように長崎は畳みかけることができなかった。先制すれば、相手が前にくるぶん、ブロックを作りカウンターという長所が生きるがこの日も長崎は足が重かった。「ゴールを守るという守り方」と川西に評されたように長崎は岐阜をゴールから遠ざけることができずに深い位置まで引き込んでしまう。

 劣勢を強いられる中で前半終了間際に塚川のスルーパスから川西に同点ゴールを許し、リードを守れずに後半へ。後半立ち上がりにも自陣でのボールロストから川西にミドルシュートを叩きこまれ、逆転を許す。さらに57分にもライアン・デ・フリースに決められ、3失点目を喫した。2点のリードを得た岐阜が少し後ろに重たくなったこともあり、長崎はここから攻勢をかけるが岐阜が見せたようなコンビネーションは見せられず。最後まで得点を奪うことはできなかった。

 今季初の逆転負けを喫し、サポーターからはブーイングも飛んだ。長崎伝統の走る、戦うというDNAを忘れたかのような試合内容では反応も当然だろう。シーズンの立ち上げからポゼッションをベースにチーム作りを進めてきたが質を高められず。逆に走ることや球際の意識が薄れる結果となり、本来の強みも失いつつある。この時期にきての袋小路、指揮官の責任は重い。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.