リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

19/08/07トッテナム、コウチーニョやディバラ獲得? 移籍市場終盤の大型取引に注目

トッテナム(イングランド)が移籍市場終盤にビッグネームを獲得するか注目されている。

英『スカイ・スポーツ』は6日(火)、トッテナムがバルセロナ(スペイン)のフィリペ・コウチーニョをレンタルで獲得するかもしれないと報じた。

アントワーヌ・グリーズマンの加入もあり、バルセロナで去就が取りざたされているコウチーニョ。だが、バルサがクラブ史上最高額で獲得した選手だけに、買い手が見つかっていない。

そこで、トッテナムがレンタルでの獲得に関心を寄せているようだ。コウチーニョはかつて、エスパニョール(スペイン)時代にマウリシオ・ポッチェッティーノ監督の下でプレーした経験がある。

一方で、イタリアの『スカイ・スポーツ』は、トッテナムがユベントス(イタリア)と合意したと報じた。パウロ・ディバラの獲得に、7000万ユーロ(約83億4000万円)を準備しているという。

ディバラは先日までロメル・ルカクとのトレードでマンチェスター・U(イングランド)に移籍するか騒がれていたが、残留を望む選手の高額年俸要求を受け、マンチェスター・Uが撤退した。

トッテナムはコウチーニョやディバラを獲得するかとともに、契約最終年となるクリスティアン・エリクセンの去就も注目される。

プレミアリーグの移籍市場は8日(木)まで。残り約2日で、どんなドラマが待っているだろうか。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.