プレミアリーグプレミアリーグ

19/08/05マンチェスター・U、ディバラとの交渉打ち切りと報道 ルカクとのトレード消滅か

マンチェスター・U(イングランド)がユベントス(イタリア)のパウロ・ディバラとの交渉にピリオドを打ったようだ。4日(日)、英『BBC』が報じている。

イギリスとイタリアのメディアは先日から、マンチェスター・Uとユベントスがロメル・ルカクとディバラのトレードを交渉と報道。イタリア移籍を希望するルカクは合意し、ディバラとマンチェスター・Uの交渉が鍵を握ると言われていた。

『BBC』によると、マンチェスター・Uは、ディバラが要求した年俸の高さから、選手の移籍への意思を疑問視。交渉を打ち切ることにしたという。

ユベントス残留が希望とされるディバラは、バカンスを早く切り上げてマウリツィオ・サッリ新監督と話し合う予定だったが、トレード話が浮上したことで、5日(月)までチーム練習に合流しないと報じられていた。今後のユベントスとの話し合いが注目される。

一方で、ルカクは以前から関心を寄せるインテル(イタリア)への移籍が注目だ。マンチェスター・Uとは移籍金を巡る交渉がまとまっていないが、ディバラとのトレードが破談となれば、イタリア行きを望むルカクだけに、インテルとの交渉が進むかもしれない。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.