セリエAセリエA

19/07/31マンチェスター・Uとユベントスがルカクとディバラをトレードか

マンチェスター・U(イングランド)とユベントス(イタリア)の間で、ビッグネーム同士のトレードが実現するかもしれない。イギリスやイタリアの主要メディアは、両クラブがロメル・ルカクとパウロ・ディバラのトレードを交渉していると報じた。

インテル(イタリア)への移籍が騒がれていたルカクは、プレシーズンマッチを欠場するなど、去就が注目されてきた。だが、マンチェスター・Uの要求額にインテルが応じず、交渉は難航している。

そこに登場したのが、インテルのライバルのユベントスだ。イタリア王者はルカクを手に入れるために、背番号10を纏うディバラを差し出す用意があるという。ディバラはクリスティアーノ・ロナウドが加入した昨季、得点数が減り、存在感を失っている。

一部のイタリア・メディアは、すでに両クラブが合意したとも報道。一方、英『BBC』などは、交渉が初期段階と伝えた。また、ディバラはユーベ残留が優先と言われるが、『スカイ・スポーツ』によると、代理人のひとりがイングランド入りし、マンチェスター・Uと条件面を交渉しているようだ。

プレミアリーグの移籍市場の締め切りまで、10日を過ぎた。大物選手たちの入れ替えが実現するのか、今後の進展が注目される。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.