ブンデスリーガブンデスリーガ

19/07/28鎌田大地がジェノア移籍と現地報道、冨安に続く12人目のセリエ日本人選手誕生へ

フランクフルト(ドイツ)の鎌田大地(22)が、ジェノア(イタリア)に移籍する見込みとなった。27日(土)、イタリアの複数メディアが報じている。

昨季、シント=トロイデン(ベルギー)にレンタル移籍し、16ゴールを記録した鎌田が、冨安健洋も移籍したイタリアに挑戦するようだ。

新天地となるのは、かつて三浦知良が在籍したことでも知られるジェノア。優勝9回を経験している古豪だ。報道によると、鎌田は28日(日)から29日(月)にかけて現地入りし、メディカルチェックを済ませてから契約、その後チームのキャンプに合流する見込み。

取引が成立すれば、鎌田は日本人として12人目のセリエA選手となる。本田圭佑と長友佑都以来となる、イタリアでの日本人対決も注目を集めそうだ。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.