プレミアリーグプレミアリーグ

19/07/25クロップ、ベイル&コウチーニョの獲得を否定 「ことしはそういう年じゃない」

リバプール(イングランド)のユルゲン・クロップ監督が24日(水)、R・マドリー(スペイン)のガレス・ベイルや、バルセロナ(スペイン)のフィリペ・コウチーニョの獲得を否定した。

R・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督はベイルが構想外と明言しており、ウェールズ代表の去就が注目されている。リバプールOBのポール・インスは先日、古巣にベイル獲得を進言している。

だが、英『スカイ・スポーツ』によると、クロップ監督は「素晴らしい選手で大好きだが、大事なのはチームをつくらなければいけないということだ」と述べた。

「チームは優れた個々の集まりというだけじゃない。一緒に仕事しなければいけないんだ。落ち着いて、普段の生活を送り、新しい家を建てる前に今の家で生活しなければいけないこともある」

一方、バルセロナからの移籍が取りざたされるコウチーニョの復帰の可能性について、クロップ監督は『ESPN』で「世界のどのチームでも力になれる」と評価したうえで、こう続けている。

「ポイントはそこじゃない。彼のことは大好きだし、ファンタスティックな選手だ。だが、とても、とても大金が動く取引になる。そして、ことしは我々にとってそういう年じゃない」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.