日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/07/15[大分 2-1 札幌]大分逆転。きっかけは“擬似4バック”

オナイウ2発。相手の出方を見極めた大分が主導権を握り返す

 Jリーグに大きな影響を与える“ミシャ式”と、そこから派生した“カタノサッカー”。今季公式戦2度目の師弟対決は、攻撃的スタイルを貫く同士、見せ場の多いエキサイティングな一戦となった。

 大分は今季初めて藤本が先発から外れ1トップにはオナイウ。シャドーには小塚と今季初先発の小手川が並んだ。札幌はチャナティップが3試合ぶりに先発し、ジェイはベンチからスタートした。

 キックオフ直後から札幌は、迫力あふれるハイプレスで大分に襲いかかる。大分はそれをかわしながら丁寧にビルドアップを試みるが、縦パスが通らず攻め返される繰り返し。札幌の攻撃をしのいでいたが、20分、白井のシュートがポストにはじかれGK高木に当たってオウンゴールとなり、先制を許す。だが、その3分後には三竿のクロスにオナイウが頭で合わせて試合を振り出しに戻した。

 その後、相手の出方を見極めた大分は、島川が高い位置をとり両WBがWGのように前線に張る“擬似4バック”で札幌のプレスを回避。守備がハマらなくなった札幌は大分に主導権を明け渡し、押し込まれる時間帯が続いた。

 57分に大分が小手川と星を藤本と高山に代えると、直後に札幌も負傷した深井を宮澤に交代。さらに62分にアンデルソン・ロペスを下げてジェイを送り込み、67分に荒野を駒井へとチェンジした。

 一進一退の攻防の中、75分にスコアが動く。相手のミスから小塚がボールを奪い、オナイウが追加
点。大分が逆転に成功した。

 大分は小塚をティティパンに代えて前への勢いを増し、保持率を高め逃げ切って勝利。決定機逸の悔やまれる札幌は、3戦未勝利となった。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.