リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

19/07/13バルサ、146億円でグリーズマンを獲得と発表! A・マドリーは「契約解除金が足りない」

12日(金)、バルセロナがA・マドリー(以上スペイン)に契約解除金を支払い、フランス代表のアントワーヌ・グリーズマン(28)を獲得したことを発表した。

支払った契約解除金は1億2000万ユーロ(約146億2000万円)。バルサはグリーズマンと2024年までの5年契約を結ぶ。新契約の契約解除金は8億ユーロ(約974億5000万円)。選手は13日(土)にバルセロナ入りし、14日(日)にサインをかわして、入団会見に臨む。

昨年もバルセロナ移籍が取りざたされたものの、グリーズマンは最終的にA・マドリー残留を選択。新たに5年契約を結んだが、今季終盤の5月にシーズン後の退団を発表していた。

A・マドリーは、グリーズマンとバルセロナが2月から交渉し、3月の時点で合意していたと主張。契約解除金が2億ユーロ(約243億6000万円)から1億2000万ユーロになる7月の前に、事実上移籍することを両者が決めていたと訴えている。

バルサのグリーズマン加入発表を受け、A・マドリーは声明を出し、「契約解除金が不足していると考えている」と主張。権利を守るための適切な措置を取る手続きを始めたと明かしている。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.