日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/07/09[徳島 0-0 千葉]効果抜群。渡井投入と布陣変更

 江尻監督体制では3バックを採用してきた千葉だが、今節は4バックを選択。連敗脱出に向け、変化をつけてきた。徳島は河田の負傷により、佐藤晃大が先発復帰。開始早々、試合が動く。千葉のスローインの流れから、岸本のクリアミスを佐藤勇人が回収し、パスを受けたクレーベがスルーパス。Jデビューとなる特別指定選手の見木が走り込みエリア内でGKと1対1となると、微妙な判定になったが、GKが見木を倒したとしてPKを獲得。これを船山が決めて千葉が先制に成功した。早い時間帯のミス絡みの失点に徳島は崩れるかと思いきや、「(杉本)竜士、チャンさん(石井)を中心にバラバラ
にならなかった」(岩尾)とリカバーに成功。得点こそ奪えなかったが、流れを引き戻して前半を終了した。

 状況を打破したい徳島はハーフタイムに大幅な修正を試みる。石井を渡井に代え、3バックに変更。すると、その渡井が試合展開を一変させるほどの躍動感を見せ、システム変更で手を加えたビルドアップも功を奏す。

 千葉は対応策として、すぐさま守備を5バックに変更して食い止めにかかるが、攻め続ける徳島を抑え切れない。そして60分、渡井が同点ゴールを決め、試合は振り出しに。その後も徳島が一方的に攻め立て、GKと1対1になる決定機を迎えるも「僕が決めていれば勝てた試合」(佐藤晃大)と決め切れない。終盤はCKやロングスローからも好機を創出した徳島だったが、ネットは揺らせず勝点1を分け合う結果となった。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.