日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/07/09[琉球 3-0 栃木SC]琉球、思いどおりの3ゴール

「梅雨戻り」の沖縄の地で行われた一戦は、意外にも攻と攻のぶつかり合いとなった。いつもならば堅実な守備からリズムを作る栃木がキックオフ直後、CB藤原に一度ボールを預けると、一気にロングボールで敵陣に放り込み早速攻撃にベクトルを向ける。しかし「栃木は前からくる」(風間)と分析していたという琉球の選手たちは、守勢に回りながらも油断せずアラートな状態でプレー。すると19分、栃木のゆるくなった守備網を突き、富所のスルーパスを受けた鈴木がGKの動きをよく見た
チップキックで先制ゴールを奪った。琉球はさらに40分、河合の右からのクロスボールをGKユ・ヒョンが一度ははじくも、「こぼれ球を狙っていた」西岡が詰め、点差を2点に広げる。

「あえてミスマッチを作って攻めたかったが、逆にそのミスマッチを突かれてしまった」(田坂監督)栃木は大黒を起点に点差を縮めたいところだったが、マークを受けボールが収まらず。ボールを拾うためたまらず自陣まで戻り、ゴールに背を向けるプレーが続いた。そんな中、琉球は73分、左サイドに流れた鈴木のクロスボールを越智が腰でねじ込み3点目。J通算200試
合目の出場に自ら花を添えた
「『こういう形で点をとろう』という形から全部点がとれた」(樋口監督)琉球は、理想的な展開で6試合ぶりの勝点3。リーグ後半戦にはずみをつける1勝となった一方、敗れた栃木は4連敗となった。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.