日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/07/08[横浜FM 1-0 大分]連敗しない強さ。一皮むけたトリコロール

エジガルが決勝点。前回対戦のリベンジ果たす

 約3カ月半前のホームでの試合では横浜FMの攻撃を完璧に近い形で封じた大分の片野坂監督は、この試合で通常の[3-4-2-1]ではなく中盤中央を3枚にした[3-5-2]を選択。当時とは異なる形の横浜FMの中盤の対策を感じさせたが、前半から試合を優位に進めたのは横浜FMだった。決定的なチャンスこそ多くはなかったが、流動的な動きで大分の守備を混乱に陥れ、主導権を握る。

 前半の終盤にはカウンターから大分が立て続けにチャンスを作ったが、後半に入ってもペースは横浜FM。片野坂監督は「(横浜FMの)勢いに呑まれてなかなか狙いをうまく出せなかった」と表現したが、横浜FMサイドでもたとえばGKパク・イルギュは「(大分は)いつもの勢いを感じなかった」と感じていた。

 それでも奮闘する大分をなかなか崩し切れなかった横浜FMだったが、74分にゴールをこじ開ける。途中出場の三好のクロスをペナルティーエリア内で受けた仲川が右に展開。「ボールがくると信じて走った」上、「冷静にエジ(エジガル・ジュニオ)が見えた」広瀬が折り返すと、エジガルのシュートは相手のブロックに阻まれたが、さらに相手に当たったボールが目の前にこぼれると思い切りよくシュートを叩き込み、千載一遇のチャンスを逃さなかった。

 その後は得点をとるしかなくなった大分が攻勢を強めたがなかなかシュートに至らず、横浜FMも守勢に回るのではなく攻撃を続けながらタイムアップを迎えた。

 前節のFC東京戦で今季5敗目を喫していた横浜FMだったが、またも連敗は阻止して川崎Fより2試合多い状況ながら暫定2位に浮上するとともに、ベルギーのロケレンに期限付き移籍する天野、大宮に完全移籍したシノヅカを勝利で送り出した。一方、4試合ぶりの敗戦を喫した大分は順位を一つ落として5位となった。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.