リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

19/06/04ポグバ、またユーベ復帰も? マンチェスター・Uに打診と報道、本人は乗り気?

ユベントス(イタリア)がマンチェスター・U(イングランド)のポール・ポグバを再び復帰させる考えという。イタリア『スカイ・スポーツ』が3日(月)に報じた。

マンチェスター・Uのユースを出たポグバは、2012年にフリーでユベントスに移籍。4年にわたってクラブのリーグ連覇に貢献し、2016年に当時世界最高額でマンチェスター・Uに復帰した。

だが、ジョゼ・モウリーニョ前監督との確執が騒がれた今季は批判も浴び、この夏の去就が取りざたされている。同胞ジネディーヌ・ジダンが率いるR・マドリー(スペイン)への移籍報道は後を絶たない。

マッシミリアーノ・アッレグリ監督が退任したユーベは、新監督がまだ決まっていない。だが、クラブは中盤強化に動いていると言われ、ラツィオ(イタリア)のセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチとは個人合意に達したとも伝えられている。

ただ、ラツィオとの交渉は難航しているとみられ、ユーベはほかの候補にも目を向けているようだ。そのひとりが、ポグバである。『スカイ・スポーツ』は、ポグバも具体的に復帰を受け入れる姿勢を示していると報じた。

また、『スカイ・スポーツ』は、ユーベのファビオ・パラティチSDがマンチェスター・Uに打診し、今後交渉に発展するか注視すべきと報道。マンチェスター・Uの要求額は1億ユーロ(約120億円)以上だが、パウロ・ディバラをトレードするなどして、支出額を抑える狙いと伝えている。

マンチェスター・U復帰から3年。ポグバはまたもトリノへと向かうことになるのか。今後の進展が注目されるところだ。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.