プレミアリーグプレミアリーグ

19/06/03新欧州王者リバプール、クロップとの契約延長を希望か

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制したリバプール(イングランド)は、ユルゲン・クロップ監督との契約延長を望んでいるようだ。2日(日)、英『BBC』が報じた。

リバプールは1日(土)のCL決勝でトッテナムとの同国対決を制し、14年ぶり6度目となる欧州制覇を遂げた。2015年に就任したクロップ監督にとっては、リバプールでの初タイトルだ。

クロップ監督の契約は2022年まで。だが、『BBC』によれば、オーナーのフェンウェイ・スポーツ・グループは、ドイツ人指揮官の長期政権を望んでいるという。

チェアマンのトム・ワーナー氏は「ユルゲンは素晴らしい指導者だが、人としても謙虚で、思いやりがある」と述べている。

「選手たちがクロップを胴上げしたときに、すべてのリバプールファンが知っていることを感じていたはずだ。サッカーを愛する者は誰でもクロップを愛す」

プレミアリーグでは勝ち点1差のマンチェスター・Cに及ばず、初優勝を果たせなかったリバプール。カリスマ指揮官の下で、来季こそ悲願成就を目指す。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.