プレミアリーグプレミアリーグ

19/05/22アーセナル、ムヒタリアンが政治問題でEL決勝欠場 「大きな損失」もエメリは「尊重しなければ」

アーセナル(イングランド)は21日(火)、クラブ公式サイトで、ヘンリク・ムヒタリアンが29日(水)のUEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝を欠場すると発表した。

チェルシー(イングランド)とのEL決勝は、アゼルバイジャンの首都バクーで開催される。だが、ムヒタリアンの母国アルメニアとアゼルバイジャンは緊張状態にあり、ムヒタリアンは昨年10月のカラバフとのELグループステージでも遠征メンバーから外れていた。

アーセナルは、ムヒタリアンが遠征に参加できる可能性を探ったものの、選手本人や家族と話し合った結果、欠場という決断に至ったと説明。決勝進出における主力だったムヒタリアンの欠場は「大きな損失」であり、「深い懸念」をUEFAに書面で伝えたと明かしている。

ウナイ・エメリ監督は「悪い知らせだが、我々にはどうすることもできない。非常に個人的な決定であり、我々は彼を尊重する必要がある」とコメント。「政治的な問題は分からないが、彼の決定は尊重しなければいけない」と述べた。

「今朝、彼と話した。チームと一緒にいて、助けたいと望んでいたが、彼ともご家族とも話した結果、行かないということを決めた」

「無理強いすることはできない。彼ほどのクオリティーと能力を持つ選手だから、一緒にいてくれれば非常に重要なのだが、私の手に負える問題ではない。ただ、私は彼の決定を100%尊重する」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.