プレミアリーグプレミアリーグ

19/05/19マンチェスター・C、史上最多タイの6点差圧勝でFAカップ制覇! 初の国内3冠を達成

18日(土)のイングランド・FAカップ決勝は、マンチェスター・Cがワトフォードに6-0と圧勝し、8年ぶり6回目の優勝を飾った。

マンチェスター・Cは前半26分、ダビド・シルバのゴールで先制すると、38分にはガブリエウ・ジェズスが追加点。リードを2点に広げてハーフタイムを迎えた。

すると、後半の61分にケビン・デ・ブルイネがカウンターから3点目を奪取。68分にはG・ジェズスが速攻からこの日自身2点目を決めて勝利を決定づける。

終盤の81分、87分にラヒーム・スターリングが立て続けの2得点を決めたマンチェスター・Cは、プレミアリーグ、リーグカップと合わせ、イングランドで初の国内3冠を達成した。イングランドサッカー協会によると、6ゴール差は1903年以来となる、FAカップ決勝最多点差。

クラブ公式サイトによると、マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督は「素晴らしい決勝だった」「我々は見事な一年を終えた」と、チームを称賛した。

「クラブの全員に大きな賛辞を送りたい。特に、選手たちにね。(国内3冠は)この国で初めてのことだ。いずれ別のチームがまた成し遂げるだろう。だが、我々が最初のチームだ」

「監督して私のベストシーズンの一つだ。ベストとは言わずとも、その一つだよ」

だが、これ以上改善できるのかとの質問に、グアルディオラ監督は「しなければいけない。つねに向上は可能だ。とどまることに意味はない」と答えている。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.