ブンデスリーガブンデスリーガ

19/05/19バイエルン、フランクフルトに大勝でブンデス7連覇! レバンドフスキが得点王に

18日(土)のドイツ・ブンデスリーガ最終節で、バイエルンが長谷部誠所属のフランクフルトに5-1と大勝し、7年連続29回目の優勝を飾った。

開始4分にキングスレー・コマンのゴールで先制したバイエルンは、後半に入って50分に同点弾を献上。だが、53分にダビド・アラバが再びリードを奪い返すと、その5分後にはレナト・サンチェスが3点目を挙げる。

72分にはフランク・リベリ、78分にはアリエン・ロッベンと、今季限りでの退団が決まっている両選手が自ら花を添えた。なお、長谷部は先発フル出場している。

2位ドルトムントも勝利したが、バイエルンは勝ち点2差で7連覇を達成。また、この日は無得点だったものの、ロベルト・レバンドフスキが22ゴールで得点王に輝いた。

クラブ公式サイトによると、バイエルンのニコ・コバチ監督は「チームとファンに感謝したい。素晴らしいことを成し遂げた。大満足だよ。ただ、疲れ切ったね。来週(DFBポカール)もまた優勝したい」と喜びを表している。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.