日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/05/15[長崎 3-2 新潟]長崎、ホームで開幕戦以来の勝点3

 長崎が3試合ぶりの勝利、ホームゲームに限れば開幕節・横浜FC戦以来となる勝点3を手にした要因は何だったか。まずはリーグ前節・東京V戦での敗戦を引きずることなく序盤から積極的にプレーしたこと。前線からのプレスに始まる前向きな守備圧力は新潟を慌てさせ、サイドでの攻守における数的優位の作り方の巧みさが主導権を握る上で重要なポイントになった。

 そのようないい流れができた序盤に先制点を奪ったことも試合を優位に進められた理由だ。新潟DFの対応ミスも絡んでの得点だったが、右から左サイドへボールを運ぶ速さ、そこからの香川のクロスの精度、そしてファーサイドに入り込みうまく頭で合わせた呉屋の得点感覚。

 それらが連結した美しい先制点だった。

 その後、ゲームリズムを維持するのに貢献したのが角田だった。いつものCBではなく今季初となるボランチで先発した角田は展開力、守備力、ゲームのバランスをとるという手倉森監督が期待した仕事を高いレベルで実践。間違いなくこのゲームのキーマンだった。

 そして2点目、3点目を挙げたタイミングのよさも勝利のカギに。前半終了間際に大竹が決めたFKはチームに余裕を与え、システムを[4-1-4-1]を変えたことで攻撃にリズムが出た新潟に1点を返された後半、新里のシュートにとっさに右足を合わせた畑のゴールは新潟の勢いを止めるという意味で重要な一発となった。3-2で打ち合いを制した長崎が9位に浮上した。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.