日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/05/15[東京V 3-2 福岡]内容とともに前進。東京V、初の連勝

先手をとり続けて3得点。課題だった終盤もしっかりクローズ

 東京Vはここ数試合で1トップとして素晴らしい働きを見せていた端戸が負傷のため欠場。試合の立ち上がり、代役のネマニャ・コイッチは前線で起点になれず、守備でもプレスのスイッチを入れられず、福岡がペースを握った。

 しかし10分、東京Vはロングボールをコイッチが頭で右サイドに落とし、渡辺の折り返しに再びコイッチがゴールにねじ込んで先制。来日初ゴールに気をよくした陽気なセルビア人からプレスもしっかりかかるようになり、東京Vに流れが傾くが、それを断ち切ったのは福岡の主将・鈴木。激しいボール奪取で東京Vの勢いをそぐと、斜めのクサビやサイドチェンジで展開。スライドの遅れる傾向にあった東京Vの右サイドが狙われ、33分に輪湖のクロスからヤン・ドンヒョンの豪快ヘッドで福岡が試合を振り出しに戻した。

 右サイドの劣勢に東京Vは小池と藤本の左右を入れ替える。小池に守備で右サイドをケアさせると、左サイドでは藤本が奈良輪、井上、佐藤、渡辺らと小気味よくパスをつないで福岡守備陣を翻ろう。45分に奈良輪のクロスから小池が決めて東京Vが再びリードを奪い、さらに57分にも藤本のスルーパスから奈良輪のクロスが相手のオウンゴールを誘う。しかし福岡も62分、鈴木が意地のゴラッソを叩き込み1点差に迫った。

 終盤の失点が続いていた東京Vだが、今節はしっかりゲームを閉めてみせた。前節までは[5-3-2]に布陣を変えることで「相手のSBにプレスがかからず後ろで守る意識が強かった」(佐藤)が、この日は4バックのまま、前線にリ・ヨンジと梶川を入れて前から圧力をかけ続けたことで、福岡はミスとファウルを連発してリズムを作れない。終盤は決定機を与えることなく、東京Vが今季初の連勝で11位に上昇した。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.