日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/05/15[琉球 1-0 水戸]ここはタピスタ。琉球、無敗の地で無敗の首位を撃破

 試合序盤から水戸の敷く[4-4]ブロックと2トップのプレッシングに対して琉球はボールを極力下げずに前を向き、田中が内外とプレーエリアを変えながら相手のマークを引きつけ、右サイドに広大なスペースを作る。そこを埋めるため水戸が選手間の距離を保ちながら横並びで寄っていくと、今度は逆サイドにできたスペースにサイドチェンジ。8分、フリーでボールを受けた左SB徳元のクロスを鈴木がヘッドで沈め先制点を生み出した。

 後半に入り徐々に水戸が主導権を握ると、途中出場の浅野の脚力で琉球を翻ろう。しかし古巣相手に強い闘志を燃やす福井諒を中心としたDF陣が1対1の攻防で強さを見せ、波状攻撃を食い止める。一方の攻撃では追加点を奪うため強度を緩めることなく徳元、富所と枠に向かったシュートを放ち相手に自由な時間を与えなかった。

 最終盤にジョーを入れパワープレーを仕掛けた水戸だったがその時間は短く、沖縄の地で今季初黒星。そして「90分間強度を維持して戦うことが必要」と試合前に話していた樋口監督の宣言どおり、首位チームの圧力に耐えながらも前向きな姿勢を貫いた琉球は9試合ぶりとなる勝点3を手にした。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.