日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/05/10[ルヴァン 札幌 0-4 横浜FM]質の差を見せた横浜FMが快勝

 開始直後からボールを支配したのはアウェイの横浜FM。勝てばグループステージ突破が決まる札幌は宮澤、福森、キム・ミンテといったリーグ戦の主力守備陣も先発起用していたが、横浜FMのパスワークにまったく対応ができず、後手に回った。ボールを奪ってもすぐにロストをして再び横浜FMに攻められる展開となり、「前半から自分たちがコントロールできていた」とアンジェ・ポステコグルー監督が振り返るように完全に横浜FMが圧倒しながら試合は進む。16分に松原のシュートで先制してからはなかなか追加点が奪えず、押し込まれながらも札幌に勝機は残されていたが、59分に李が横浜FM加入後初ゴールを挙げると、ここで試合の大勢は決まってしまった。68分に敵陣でボールを強奪してイッペイ・シノヅカの得点が生まれると、78分にも相手の軽率なミスからボールをプレゼントされた山谷が決めて4-0。同じように攻撃的なサッカーを志向する札幌を相手に、横浜FMが質とレベルの差を圧倒的に見せつけて完勝した。

 札幌としては完全に不甲斐ない試合だったと言うしかない。ボール保持のレベルの違いを横浜FMに見せつけられ、なす術なく押し込まれ続けた。リーグ戦の主力を脅かしそうな選手も皆無。そして、勝てばグループステージ突破が決まる状況だったはずが、一転して敗退の可能性も含んで次節の最終節に向かうことに。悪い形でグループAを盛り上げる結果となってしまった。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.