リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

19/05/03長谷部誠がフル出場のフランクフルト、チェルシーとホームで1-1のドロー EL決勝進出なるか

2日(木)のUEFAヨーロッパリーグ準決勝第1戦、フランクフルト(ドイツ)対チェルシー(イングランド)は、1-1のドローに終わった。フランクフルトの長谷部誠は、先発フル出場している。

ホームのフランクフルトは前半23分、ルカ・ヨビッチのヘッドで先制。だが、ハーフタイムに突入する直前の45分、コーナーキックの流れからペドロに同点弾を許すと、後半はスコアが動かなかった。

UEFA公式サイトによると、フランクフルトのアドルフ・ヒュッター監督は「前半終了間際の失点が痛かった。後半は30分にわたって追わなければいけなかったが、終盤にチャンスをつくり続けたことは満足だ。本当に感心するメンタリティーだった」と述べた。

一方、チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督は「ホームでは気を付けて、前半終盤や後半最初のメンタリティーでプレーしなければいけない。ボールラインをしっかりと保つ必要がある。フランクフルトは非常に危険だからね」と話している。

なお、準決勝のもう1試合では、アーセナル(イングランド)がホームでバレンシア(スペイン)に3-1と先勝した。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.