プレミアリーグプレミアリーグ

19/04/24サウザンプトン、吉田麻也の同僚がプレミア最速弾も終了間際の失点でドロー

23日(火)のイングランド・プレミアリーグ第31節未消化分、ワトフォード対サウザンプトンの一戦で、サウザンプトンのシェーン・ロングがリーグ最速記録となるゴールを決めた。

ワトフォードのキックオフで試合が始まると、ロングは猛然と前線でプレスをかけにいき、相手DFが蹴ったボールをブロック。こぼれ球を拾ってそのままゴールに迫り、GKベン・フォスターの頭上を越えるループシュートで先制点を奪った。

プレミアリーグ公式サイトによると、ロングの得点は開始7.69秒と記録。2000年にレドリー・キングが樹立した9.82秒を上回り、プレミアリーグ最速ゴールとなった。

このリードを保って終盤を迎えたサウザンプトンだったが、終了間際の90分にアンドレ・グレイの同点ゴールを献上。吉田麻也の必死のブロックも実らずに追いつかれて引き分けた。吉田は先発フル出場している。

勝ち点37のサウザンプトンは、残り3試合で18位カーディフに勝ち点6差となった。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.